君は世界に一人だけ

君は世界に一人だけ

感じたことと考えたこと

KPOP

体が反応するだけ

あるK-POPグループのイケメンを、好いている。 いまさら年若いK-POPアイドルにお熱だなんて、たいそう恥ずかしい。 いやでも、SNSみてないし。グッズあんま買ってないし。壁に写真、貼ってるだけだし。 べたべた貼りつけた写真にぽーっとなるたび、そんな言…

恋は盲目、または追っかけファンのマウンティング

モモ君のうしろにぴったりくっついていったんです、あたし。 まるでついさっきプロポーズを受けたかのように、ミミさんはうっとりと言ったのだった。そうなんだ。わたしはうんざりしながらつぶやいた。 ミミさんとは10年前、Twitterで知り合った。あるK-POP…

BTSの夢を見る

今朝、変てこな夢を見た。 他人の夢なんぞおもしろくもなんともないのが相場で、実際おもしろくないんだけど、ぜひとも書き残しておきたく。 たまにありますよね、そういう夢。 * * * 実家の居間に、BTSの人がすわっている。名前は知らない。 ゆるくウェ…

アイドル一筋だった彼女が、ファンを辞めた理由

ミカちゃんとはTwitterで知り合った。彼女はあるK-POPグループの古参ファンで、わたしはぺーぺーだった。 ミカちゃんのタイムラインは感じがよくて、愛に溢れている。数千人のフォロワーがいるにもかかわらず、えらぶったところがないのもすごい(わたしだっ…

くちびると毛

堂々と言うのは気が引けるのですが、このごろはK-POPばっか聴いております。 10年ぶりにK-POP男子をまともに見て、心底おどろいたことがみっつあります。 ひとつはくちびる。 男の子の濃ゆいメイクはまったく気にならないのだけど、じゃあ何が気になるかって…

BTSの活動休止に思ったこと

BTSが活動休止を発表した。 活動休止といっても、あくまで「次のフェーズに向かうための前向きな小休止」といったニュアンスで、解散ではないらしい。 これまでとくべつに見逃されてきた兵役も、年内には就かなければならないという。そのうえ全員同時の入隊…

もう恋なんてしない 〜あばたは花びら編

なぜ、彼でなければならないんだろう。 半年ほど前、あるK-POPグループのひとりに目を奪われてから、ときどき考える。 夫には「よくいるK-POP顔」といわれる。 そしてブログに画像を貼っつけでもした日には、こういわれちゃうだろう。 「ああ、K-POPにいそう…

アイドルに無関心の男が、もしも自分そっくりのアイドルに出会ったら

「メンバーの中にオレがいる」 ある新人アイドルグループのライブリハーサルに顔を出した夫から、意味不明なメッセージが届いた。 いわく、自分そっくりの男の子が、アイドルグループの中にいるという。 あつかましいにもほどがある。メッセージを無視してい…

もう恋なんてしない 〜K-POPは麻薬編

3ヶ月ほど前、偶然あるK-POPグループに出会った。 もう恋なんてしない2021 - 君は世界に一人だけ 正直、3ヶ月も経てば忘れると思ってた。そう、そのとおり。忘れるどころか、日ごと引きずり込まれている。 たしかに壮絶なイケメンだ、美のイデアだ、そいつは…

もう恋なんてしない2021

人生というものはほんとうになにが起こるかわかったもんじゃない、という経験をしたので書き残しておきたいと思います。 きっかけは軽々しい再生 なかったことにしよう "攻撃的な楽曲" はい終了できない ティンクル・ボイスの幻想 土手っ腹に風穴 ギャップし…

元K-POPファンがK-POPに出戻ろうとした結果、25年ぶりにaccessに帰還した話〈前編〉

2020年8月、私はaccessに出戻った。 1995年の活動休止以来だから、じつに25年ぶりの"帰還"である。 ほんの少し前まで、よもや「accessに出戻る」なんて予感は1ミリもなかった。彼らが今もなお活動を続けていることも知らず、そもそもK-POPに出戻る気まんまん…