君は世界に一人だけ

君は世界に一人だけ

感じたことと考えたこと

舞台「メディスン」観劇1回目 感想と考察

観おわったあと、幸せな気持ちになる作品は、いろいろある。そして、それらの作品はたいてい、わかりやすい。

舞台「メディスン」は、わかりにくい。わかりにくいけれども、終演後、とても幸せな気持ちになった。だれかと無言で夕日を眺めた記憶が、親密で、満たされた時間をすごした記憶が、わたしにもあったような気がした。

* * *

舞台「メディスン」は、アイルランド生まれの劇作家、脚本家のエンダ・ウォルシュの最新作。

出演者は3人の俳優と、1人のドラム演奏者のみ。「不安とユーモアの入り混じる難解作」というふれこみだ。

脚本:エンダ・ウォルシュ
演出:白井 晃
翻訳:小宮山 智津子
出演:田中 圭 奈緒 富山えり子 / 荒井康太(Drs)

病院らしき施設のなかの部屋。

パジャマ姿のジョン・ケインが入ってくる。

そしてまもなく、ドラム奏者、

メアリーという名前のふたりの女性、

老人と巨大ロブスターがやって来る…

『Medicine メディスン』 - 世田谷パブリックシアター

メディスン」は、素直に純粋におもしろかった。

緊張がある。解釈のむずかしい演出も多い。一方で、ユーモアもある。うきうきするようなシーンさえある。緊張とゆるみがほどよく、なによりお芝居がわかりやすいから、すっと心に入ってきた。

なのに、素直に「おもろかった」と言うのに抵抗を感じるのは、事前に「難解難解」と聞かされていたせいだと思う。難解作を「おもろかった」呼ばわりすると自分がその難解さに気づいてないみたいだし、どう受け止めていいのかわからなくなる。

主演の田中圭くんも「難解なものを難解なまま、うっすらと輪郭だけ客席に提示する」とコメントしている。*1

だとしたら、どしろうとの人間に理解できるわけがない。

しかしどうにも、自分なりの答えを出さないことには落ちつかない。「メディスン」という薬をどうにか飲みこみたい。というわけで難解作「メディスン」をわたしなりに、ためつすがめつ考えてみた。

※ 観劇から一週間ほど経過しているため、内容があいまい・勘違い・思いこみ・妄想は多々あることと存じます。あったらごめんなさい。

※ 二回目の観劇後、当エントリの考察が間違っていることが判明しました。読むだけ時間のむだかもしれません。ごめんなさい。

▼2回目の感想

littleray.hatenablog.com

▼3回目の感想

littleray.hatenablog.com

▼4回目の感想

littleray.hatenablog.com

 

仮説①「メディスン」は老年ジョンが、青年時代の記憶を夢で回想している?

メディスン」は、今では老年となったジョンが、青年時代の記憶を夢で回想しているストーリーかと思った。

ラストシーンで時計の指していた時間が、昼下がり(2時半くらい)だったを見て、せっかちにそう考えた。一見、昼間のできごとと見せておいて、実は真夜中なのではないか。

そのような前提をもって全体を見ると、どうとでもこじつけられるものではあるのだけど。

・ジョンのパジャマ
(精神病院(?)だからといって、意思疎通可能な患者が一日中パジャマとは考えにくい。むしろめりはりをつけるために、日中と夜で着替えるはず。パジャマを着て登場するのは、ジョンが現在眠っていることを示唆しているのでは)

・散らかった部屋
(職員のパーティーの残骸ではなく、直前に見た楽しい夢、自分が開いてほしかった妄想パーティーの残骸?)

・老人とロブスター
(突拍子もないものが、脈絡なく出てくるのは夢ならでは)

・ジョンが透明のブースでヘッドフォンをかけ、じっとする
(深い眠りのときには進行している夢を目撃できない。ヘッドフォンで何かを聞いているのではなく、むしろ外部をシャットアウトし何も聞こえない状態?)

・メアリー2の語る夢
(見た夢を詳細に語ることによって、観客に「夢」のイメージを埋め込んでいる)

・メアリー2「誰かに見られている気がする」
(ジョンの意識の中にいるから)

・自分の声とは似ても似つかないおっさんの声を、ためらいもなく「僕の声」と認識
(現在の自分の声だから)

・夕日を眺めているのに時計が2時半を差している
(真夜中に見ている夢だから)

スーパー見当違いだったらごめんなさい。

仮説②入れ子構造の爆発

メディスン」が老年ジョンの見ている夢だとするなら、目には見えないけれども、何重もの入れ子構造が成立する。

施設 > 老年ジョン(現在) > 夢/記憶(過去) > 施設 > 部屋 > 床の枠 > 青年ジョン > 記憶(過去)

この構造が、ジョンを小さな箱に押し込んでいる。自分が押し込まれていると意識下で理解はしていなくても、無意識の底でジョンはこのきゅうくつさに苦しんでいたはず。

ジョンが錯乱したのは頭がおかしいからでなく、過去のトラウマを蘇らせたことで、この構造から出たいという思いが表出したからではないか。

錯乱したように見えるジョンが何度も同じ言葉をくり返すのは、小さな箱の中でフィードバックを起こしたからかもしれない。矢印がどこにも行かないで、自分にまっすぐ跳ね返ってくるような。そもそもどこへ矢印を向ければいいのか、ジョンにはわからなかったかもしれない。

錯乱ジョンを見たとき、不思議と同情心はわきあがらなかった。むしろくり返し叫びまわるジョンをずっと見ていたいような、背徳のような恍惚のような、妙にうっとりとした気分になった。

それはジョンの苦しみでありながら、わたしたちの苦しみであったからかもしれない。わたしたちはあんなふうに叫んだりはしない(たぶん)。だから強いカタルシスを感じて、うっとりとしたのかもしれない。

(もしくは単に田中圭くんが叫びまわるのをずっと見ていたいと思っただけかもしれない。どっちだか自分でもわからない)

考えてみると、演劇中に演劇をする、という点でも入れ子になっている。

仮説③「分断」の存在

舞台上の枠は、分断だと思う。分断の存在を、観客の無意識に埋め込んでいるように感じた。

・床に白ガムテでつくられたコートのような枠
(ところどころ剥げているのは綻び?ぐちゃぐちゃに丸められたガムテがやたらでかいのは、いつだって延長可能という意味?)

・卓球台
(テーブルではなく、床と同様のコート=卓球台が設置されている)

・ジョンのバミり
(ジョンは分断によって疎外された存在であり、自由がなく、立ち位置までバミられる)

・メアリー2の夢
(人間でもなく獣でもないケンタウロスは見た目からして分断があり「ふつうでないもの」を想起させる)

元バレー部員としては、床のラインはコートにしか見えなかった。コートは敵味方にわかれる。コートチェンジで位置を入れ替えても、敵味方が混じることは絶対にない。

ジョンのいる世界は分断されている。病的な人と、ふつうの人。監視される人と、監視する人。コート枠は、分断をシンプルに示しているのだと思う。

そのような分断がガムテープでいいかげんに、安価に、手軽につくられる。分断と気づかないくらい自然に。
枠や卓球台に最初こそ「あれ?」と感じるのに、舞台が進むうち床のラインなんか忘れてしまう。白いラインはいつのまにか、当たり前に存在するようになる。現実の分断と同じように。

そして脚本を手掛けたエンダ・ウォルシュは、アイルランド生まれだ。

イギリス領の北アイルランドプロテスタント地区とカトリック地区を隔てる分離壁があり、街を分断している。分断というものに対する感覚も問題意識も、わたしたち日本人とはまるで違う。

メディスン」後にアイルランドの地図を見て、はじめて分断に気づいた。

仮説④「メディスン=薬」の意味

結局、「メディスン」における「薬」とは、なんなのか。

記憶のことではないだろうか。誰かがそばにいてくれた記憶。

メアリーが「わたしにそばにいてほしい?」と聞いたとき、(たしか)「いられる間はそばにいる」といった旨の言葉を、注釈のようにつけ加えていた。

メアリーは永久にジョンのそばにいるわけではない。というか誰にも、永久にそばにいてくれる人なんていない。

つまりわたしたちに必要なのは、いまこの瞬間に誰かがそばにいてくれること、ではなくて、誰かがそばにいてくれた記憶ではないだろうか。

ジョンのそばには誰もいなかった。人生でもっとも愛情をめぐんでもらいたい幼少期や少年期に、打ち捨てられていた。そんなジョンがはじめて親密な時間を過ごしたのが、ラストシーンだった。

ラストシーンで、ジョンとメアリーは椅子を並べて夕日を眺める。分断を示していた2つの四角が、ラストシーンでは2つの椅子として提示される。ジョンはメアリーに救われ、同時にメアリー自身を救う。

並んですわっただけで大げさな、と思われるかもしれない。でも、椅子を並べてすわる、ただそれだけのことが、誰かにとっては一生をあたためる記憶になりえるのではないか。

どんな薬もわたしたちを救ってはくれない。それでも、たとえ小さな箱の中に押し込められていても、誰かと親密に過ごした記憶があれば、ひととき救われる。分断をつくるよりもはるかに簡単に、誰もがそんな薬を生みだすことができる。そんなメッセージがこめられていたように思う。

それにしてもうつくしいラストシーンだった。ジョンの満ちたりたような、ちょっと放心したような、やすらかな表情は100パーセント演技のはずなのに、とても「夕日を見ているような顔をつくっております」といったものには見えなかった。
ジョンの目には、夕日がほんとうに見えていたのだろうか。

とんでもない解釈

初演を観てから、仕事や日常生活のすきまで「メディスン」のことを考えてきた。考えすぎて、最初はとんでもない解釈をした。

ジョンはマインドコントロールの被験者であり「メディスン」は人体実験のストーリーという解釈である。

おそろしいもので、いったんそう思い込んだら「そうに違いない」と自信をふかめた。後日、演出家の白井さんのインタビューを読んだらぜんぜん違っていた。びっくりした。ブログに書かなくてよかった。

そして公演中10分に一回は「ほんもんや」「イケメンや」と主演の田中圭くんにうっとりしたこと、生着替えにわくわくしたこと(下着を着ていると気づいて心の中で舌打ちしたこと)を、ここに告白いたします。

 

▼二回目を観劇した感想です。

littleray.hatenablog.com

 

林遣都くんの舞台も観劇しました。個人的にはこちらのほうがむつかしかった。

littleray.hatenablog.com