君は世界に一人だけ

君は世界に一人だけ

感じたことと考えたこと

ライブに双眼鏡を連れてって/Vixen アトレックII HR8×32WP

双眼鏡なんていらねえ。ずっとそう思っていた。
顔を見に来たんじゃねえ、俺は音楽を聴きに来たんだ、と。

そんなロックンローラーだったのに、このたびあっさり双眼鏡を買った。

双眼鏡を手に入れなければならない理由

私が双眼鏡を買った理由はひとつしかない。

ツアー初日の公演で、大ちゃんの涙を見逃したと知ったからである。

大ちゃんがどれくらい泣くひとなのか知らない。毎回しくしく泣いちゃう繊細なひとなのかもしれない。
しかし100年のいちどの現象だろうが、毎回お決まりのパターンだろうが、涙は涙だ。

問題は、双眼鏡を持っていなかったばかりに、涙をみすみす見逃したという事実である。

* * *

このエントリを読んでいるひとに、私は問いたい。

ライブ中、大ちゃんが涙をうかべているとして、あなたはそれを見逃してもいいと思いますか?

「べつに見逃してもいい」というクールなロックンローラーは今すぐこのページを閉じてほしい。
あなたに必要なのは双眼鏡ではなくギターだ。ギターを手に入れて「スモーク・オン・ザ・ウォーター」でも練習してくれ。

「そいつは見逃せねえ」という同士に一言、言いたい。

今すぐ双眼鏡を手に入れてくれ。それもできるだけいいやつを。

我々が双眼鏡を手に入れなければならない理由があるとしたら、それは「大ちゃんの涙を見逃すわけにはいかない」あるいは「HIROのはだけたシャツの向こう側を見逃すわけにはいかない」のどっちかだ。

双眼鏡ってやつの正体

昔、8千円ていどの双眼鏡を持っていた。

オリンパスのなんとかという双眼鏡だ。10倍だか12倍だったように記憶している。私はこれをビッグカメラの福引で引き当てた。そして最後は東京ドームで盗まれた。

そこそこのモノだったし、いちおうは見えた。でも妙に暗かった。それにめちゃくちゃ揺れて気持ちわるい。これならわざわざ双眼鏡なんてのぞかなくても、クソでかいスクリーンを見てた方がいい。そのうち双眼鏡は「持っていくけど使わない重いモノ」に成り下がった。

この経験から、「双眼鏡なんてものはどれも同じで、そのうち使わなくなる」と考えるようになった。
だから双眼鏡を探しはじめたときも、適当に「3000円くらいのでいいや」とか思っていた。

しかし調べを進めていくうち、どうやら3000円じゃクリアに見えないらしいとわかってきた。

私は目の穴をかっぽじって調べまくった。その結果、双眼鏡は「金を積むほど圧倒的にクリアに見える」とわかった。

どんなモノだって、金を積み上げるほどにレベルが上がる。
外装がカーボンになり、エンジンがターボになり、レースクイーンの人数が増える。何でも金である。

そして双眼鏡をいちど買ったら、むこう5年や10年は使いつづける。
だったらもう、いいのを買っちまおう、ということになった。

Vixen アトレックII HR8×32WP

さんざん検討しまくって、「Vixen アトレックII HR8×32WP」を購入した。

www.vixen.co.jp

Amazonでの価格は17,973円 (2020年12月16日現在)。
私の買ったときより、えらい値下がっている。複雑だ。
高額ではあるが、この価格であれば「買い」だと思う (だってつい2ヶ月前に2万で買ったもん)。

この「アトレックII HR8×32WP」をはじめてのぞいた時、そのクリアな視界にぶっとんだ。

肉眼じゃぜったい見えないような、遠くのものがくっきり見える。直線距離で387m離れた学校の、職員室に人がいるのまで見える。こんなの肉眼じゃぜったい見えない。見えすぎて怖いくらいだ。職員室をちょっと見てるだけなのに、ものすごくわるいことをしてる気分になる。

月のクレーターまで見える。こいつはドームで盗まれたオリンパスの双眼鏡とは世界が違う、ぜんぜん違う。

今まで何もつけずに素潜りしてたやつが、生まれてはじめてゴーグルをつけたときに感じるおどろきに近い。

まさに別世界だ。

メーカーを決めておいたほうがいい理由

メーカーは「ビクセン」と決めていた。

www.vixen.co.jp

オリンパス、キャノンも双眼鏡をつくっているけど、これらのメーカーはカメラなんかもつくっている。
「望遠鏡、双眼鏡ひとすじ」なビクセンの武士道に惹かれたのである。

くわえて我らが大さまも「ビクセン」を使用しておられるとの情報もいただいた。
つまり「ビクセン」以外に選択肢はそもそもないといえる。

それに実際問題としてメーカーを絞って検討しないと、星の数ほど存在する双眼鏡を選ぶなんて無理である。

「同じ価格なら、キャノンの方がスペックが良い」なんて検討はしない方が賢明だ。間違いなく泥沼化する。

8倍がおすすめな理由

8倍か10倍で迷ったけれど、結果的に8倍を購入してよかった。

「えっ、10倍の方がいいじゃないの?」
私もそう思っていた。だけど10倍はおすすめできない。

なんでか。

ずっと見てると、気分がわるくなるのだ。

想像してたよりも視界が揺れる。20秒も見てると、車酔いみたいな感覚になる。そしてようやく理解する。5万もする「防振双眼鏡」がなぜ売れるのかを。

8倍でこれだけ揺れるなら、10倍だったらもっと揺れている。
双眼鏡をのぞきながら「おええええ」と吐くのは避けたい。

ドームクラスは10倍以上でないと厳しいだろうが、ホールであれば8倍でじゅうぶん見える。

390gは重くない

Amazonのレビューでは「重い」という指摘もあった。

しかしライブ中、一度も重いとは感じなかった。というか前を見るのに必死で、重いも軽いもない。

天体望遠鏡ならまだしも、双眼鏡は手持ちを念頭に開発されている。それゆえ重さは常識の範囲内だ。
重さの点については、まったく心配いらない。

想像の100倍見えるぜ

かんじんの見え方については、それはもう、見えまくりもいいとこだった。

想像の100倍くらい見える。服に隠された部分は見えないけど、それ以外ならどうしようもなく見える。
くっきりはっきり、裸眼より見えるんじゃないかってくらい、とんでもなくクリアに見えた。

そして暗転したステージも見えた。それほどレンズが明るいのだ。これにはさすがにおどろいた。

どのくらい見えるかをブログで説明したい、ライブ中に私は考えた。この「見えさ」を伝えたい。
私はHIROの耳に埋められたイヤモニに注目した。もうちょっとでブランドが見えそうだった。
くっ、見えない。HIRO、ちょっと横向いて。1コーラスくらいねばったが無理だった。

つまり「イヤモニのブランドが見えそうで見えないレベル」で見える。参考にしていただきたい。

(ところで私はイヤモニのブランドなんかいっこも知らない)

* * *

「Vixen アトレックII HR8×32WP」は100点中1000点の双眼鏡だった。自信を持っておすすめしたい。

もしもこの先ぶっ壊しても、きっとまた同じのを買うだろう。もうこの双眼鏡なしには考えられない。

とはいえ2万弱である。躊躇して当然だ。
それでも私は全力でおすすめしたい。なぜなら双眼鏡は買えても、チケット運は買えないからだ。

席の場所を選ぶことはできない。双眼鏡を使い、自力で「かさ増し」するしか手がない。名づけて「かさ増し神席作戦」である。

ライブには双眼鏡を連れてってほしい。しかもできるだけいいやつを。

そしてみんなで大ちゃんの美しき涙と、HIROのシャツの向こう側を見よう。